一番多いがんは…

一番多いがんは…

がんと言っても部位別に様々ながんがありますよね。
胃・肺・大腸・食道…
それぞれいろいろな検査をすることで見つけることができます。

初期に発見できれば一番治療もしやすいし、治療期間も短く生存率も高まりますが、亡くなってしまう方も多いのががんです。
日本人の死因断トツ一位のがん。
だからこそ普段から気を付けることが重要になります。

がんには部位別にいろいろながんがある、と説明しましたが、どのがんになる人が一番多いかは知っていますか?
私は胃・肺あたりかな…と思っていました。

気になってインターネットで調べてみました。
今は毎年どのがんで亡くなった人が多いか、ランキングを紹介しているサイトもあるので便利になりました。

私が調べた物は2011年の統計でしたが、男性の一位は肺・女性の一位は大腸ガンでした。
男女合わせてでは肺がんが第一位でした。
まさか女性の第一位が大腸がんだったとは驚きです。

その他上位には、胃・肝臓・膵臓・乳がんなどがありました。
乳がんは最近若い方の発症率が増えてきたと、テレビでもよくやっていたので納得しました。

このように気がつかないうちに、気がつかない所でがんが発症していることが多いのでしょう。
膵臓や肝臓なんて気を付けていてもわかりませんものね…

やはり一番は検診をマメに受けること。自覚症状があればすぐ病院へ行くことでしょう。
他にもその年ごとに統計をまとめているサイトもありますので、見ておくと自分の身体を見直すいい機会になると思います。

    Copyright(C) がんと死亡 All Rights Reserved.