女性特有のがん

女性特有のがん

がんは身体のいたるところに発症されると言われています。
最近では生存率も高まってきましたが、放っておくと危険な病気です。

特に「女性特有のがん」については、女性の方は意識しておく必要があります。
女性特有のがんとは子宮頸がん・子宮がん・乳がんなどです。
近年、これらのがんを発症する女性は増加傾向にあると言われています。
子宮頸がんなどは放置しておくと子宮全摘出ということにもなります。
これから出産を考えている人には身体的な部分だけでなく、精神的ダメージがとても多いのが特徴です。
乳がんについても、場合によっては片側・両側全て切除ということになります。
どちらも早期発見で、一部を手術・薬の服用で対処できる場合もあります。

早期発見のためには検診が一番効果的ですが、婦人科は敷居が高くて行きにくいという方も多いでしょう。
特に若い10代・20代の女性は、出産経験のある方も少ないためつい足が遠のいてしまいます。
しかし、婦人科は女性特有のクリニックのため、ほとんどのクリニックでスタッフは女性のみという所が多いのです。
それでもどうしても気になる方は、女医さんのいる所を選ぶと安心です。

女医さんがいるクリニックが近くにないという方は、男性の医師だと恥ずかしいかもしれませんが、先生はお仕事です。
知識もしっかりと持っていますので、女性特有の悩みもきちんと答えてくれます。
恥ずかしがることは何もありませんので、出血があるなど心配ごとがあればなんでも相談しましょう。

万が一がんになったときのために、最近では女性特有のがんを保障してくれる医療保険もあります。
掛け捨てタイプや期間限定タイプなど様々な物があるので、万が一のときのために加入しておくと安心です。

女性特有のがんの情報サイトや、女医さんのいるクリニック紹介をしているサイトもあるので、役立ててくださいね。

    Copyright(C) がんと死亡 All Rights Reserved.