がん検診を受けましょう

がん検診を受けましょう

みなさんの中には会社や自冶体の実施する健康診断を受けています、という方もたくさんいらっしゃると思います。
年に1回・半年に1回…
それは人それぞれだと思います。

しかしがん検診は受けていますか?
がんは健康診断を受けているだけでは見つからない物もあります。
例えば子宮頸がん・乳がんなどの女性特有のがんや胃がん・大腸がんなど…
それぞれ適切な検診を受けることが必要です。
無症状でもできれば1年に1度程度受けておくと、早期発見が可能となり生存率も高まります。

でもがん検診ってどんなことをするか知っていますか?
それがわからないから不安で受ける勇気がでない…という方もいるでしょう。

がん検診は上に書いたとおりそれぞれの症状に合った検診が特徴です。
例えば子宮頸がん検診は、細胞診と言って綿棒で子宮の入り口の細胞を取って検査をします。
人によりますが痛みはあまりないです。
乳がん検診は視触診・マンモグラフィや超音波検査。
どちらも婦人科や産婦人科で受けることができます。

胃がんは胃X線検査・大腸は便の潜血検査や内視鏡検査など…
いろいろな検査方法があります。

最近では病院のHPで検査の内容を説明していたり、がん検診の体験談を書いている個人ブログもたくさんあります。
情報収集にはとても便利だと思いますので、検索してみてはいかがでしょうか?

それでも不安な方は病院へ問い合わせをしてみてもいいと思います。
検診は先延ばしにしないこと!これががんの早期発見につながります。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • デジタル肛門鏡を手術中にも活用し、希望により画像を提供して手術を進めてくれる東京都港区芝の肛門科・胃腸科を探しているなら、病状によって術式の選択を画像を見ながら相談して決める事が出来るのでオススメです。

Copyright(C) がんと死亡 All Rights Reserved.